ページの先頭です

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

健康経営

健康経営

健康経営推進体制

社長を全社安全衛生委員会の委員長とし各施策の推進に取り組んでいます。
推進にあたっては総務人事部、産業医、保健師、全社安全衛生委員会、IHIグループ健康保険組合が連携し、従業員の健康管理と健康増進施策を推進しています。
また、工場、営業所、サービスセンターにおいても全社方針に沿った活動を展開し、全社的な健康づくりに取り組んでいます。

産業保健体制

本社・工場に全社健康管理相談窓口を設けています。産業医、保健師、総務人事部担当スタッフが連携しながら、従業員への面談等を実施し、フィジカルヘルス、メンタルヘルス両面で不調者の早期発見、保健指導等を行なっています。

健康管理に関する主な取り組み

1.ヘルスケアの強化

従業員一人ひとりの健康の基盤となるヘルスケアを強化するため、健康診断や各種調査結果に基づき、健康リスクが高い従業員や職場に対し、産業医・保健師などが支援し、健康リスクを低減するための活動を継続して実施しています。また新型コロナウイルスなどの感染症予防に対する執務・作業環境整備も徹底しています。

2.ウェルネス活動の強化

従業員が活き活きと幸せに働けるようストレスチェックの実施と共に職場健康度調査を行ない、その結果を元に活力を生むウェルネス活動を行なっています。

3. 健康増進活動の強化

IHIグループ健康保険組合と連携し「健康チャレンジキャンペーン」を毎年開催し、健康意識向上と日々の健康増進を進めています。

取組み実績

取組み実績 2019年度 2020年度
健康診断受診率 100% 100%
ストレスチェック受検率 94.3% 96.0%
ストレスチェック総合健康リスク 82.1 84.0
喫煙率の推移 37.1% 36.0%

その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。

サイトのご利用案内ここまでです。