ページの先頭です

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

スマートシティ構想/沼津工場自走式駐車施設

自動運転・自動駐車 共同研究

IHI運搬機械が考える次世代の自走式駐車施設は、都市部と郊外部の境界に「集約型スマートパーキング」として建てられ、屋上ドローンポートやシェアリング・モビリティシステムのハブ・集積拠点としての役割を果たします。 また、災害時には地域の防災拠点(津波避難スペース・物資供給拠点・エネルギーステーション)として活用されます。

北に富士山、南に駿河湾を望む自然豊かな環境の中にある沼津工場の敷地内に、次世代の駐車場づくりを見据えた実験・研究のための駐車施設を建設しました。日本で唯一、自走式・平面式・機械式というすべてのバリエーションを同一敷地内に備えた実験場として、沼津工場は駐車場の未来を想像していきます。

危険体感道場の開設

施設概要

自走式駐車施設

構造2層3段式
床形式フラット+連続傾床+スキップ混在型
収容台数110台
自動運転・駐車実証実験エリアを併設


VE提案(鉄骨表面処理)

IHI運搬機械の自走式駐車施設の標準仕様である溶融亜鉛めっきから、塗装仕様をVEとして提案するための実証実験を行なっています。錆止め塗料や塗装などのテストピースを並べて展示し、来場者の方々に耐候性の違いを確認していただいています。

VE提案(鉄骨表面処理)

実証実験(コンクリート床クラック対策)

デッキコンクリートの耐久性で問題となるクラックの発生について、その抑制を目的とした実証実験を行なっています。本エリアで実際の駐車場として活用・実証しながら、耐久性の違いを確認していただいています。

実証実験(コンクリート床クラック対策)

オプション提案(充電ポート)

IHI運搬機械が開発したBaaSアプリを活用し、駐車場内での充電ポートの実証実験を行なっています。
充電ポートにBaaSを設置、スマホを用いて、予約・充電・課金を管理する仕組みです。

オプション提案(充電ポート)

オプション提案(V2P:EVによる緊急時の電力供給)

災害発生時や停電時を想定した、V2Pのオプション提案です。一時待避所として開放の際、EVからの電力供給に切り替え、場内の照明や携帯電話の充電・液晶テレビに活用することができます。

オプション提案(V2P:EVによる緊急時の電力供給)

実証実験(駐車場カーゲート)

IHI運搬機械が開発したBaaSアプリを活用し、駐車場カーゲート操作の実証実験を行なっています。
既存のバーゲートにaQmo(BaaSデバイス)を接続し、スマホを用いてカーゲート操作させることで、従来、チケットを取る手間や月極時のパスカードの授受が不要となります。

実証実験(駐車場カーゲート)

実証実験(画像認識技術)

小型カメラを用いて、車室の在車空車を確認する実証実験を行なっています。画像認識技術の応用により、従来の在空確認(車室毎にセンサーを配置)に比べ、配線工事を減らすことが可能です。また、将来の自動運転/自動駐車化に備え、効率的な駐車スペースの確保や空室への誘導を目指しています。

実証実験(画像認識技術)

実証実験(画像認識技術)

小型カメラを用いて、車両が限られた空間に対し、中央に真っ直ぐ駐車しているかを測定する実証実験を行なっています。将来の自動運転/自動駐車化に備え、駐車精度の向上・駐車効率の向上を目指しています。

実証実験(画像認識技術)

実証実験(移動制約者侵入防止板)

IHI運搬機械が開発したBaaSアプリを活用し、ハンディキャップゾーンへの侵入防止策の実証実験を行なっています。健常者の方の不正利用を防止させるため、侵入防止バーにBaaSデバイスを設置、スマホを用いて車室の予約や、侵入防止バーの開閉を行なう流れです。

実証実験(移動制約者侵入防止板)

実証実験(駐車場安全対策)

損害保険会社の調べでは、交通事故の約3割が駐車場で起きていると言われています。
駐車場内の交通事故を減らすための仕掛けとして、トリックアートを用いて走行速度を抑制する実証実験を行なっています。速度抑制により、騒音低減するとともに場内の事故(人身/物損)を抑制することが期待されます。速度抑制の対策としては、他にハンプ舗装(凸部)の方法もありますが、この対策では通過時の衝撃音や制動・加速時の騒音・振動が発生しないという利点もあります。

実証実験(駐車場安全対策)

実証実験(ドローンポート)

駐車場屋上階の有効活用として、ドローンポートを設置し、ドローンを活用した物流拠点としてどのような仕掛けができるか実証実験を行なっています。

実証実験(ドローンポート)

空き車室の有効活用(屋上階の路面温度低減)

最上階の路面温度を下げる施策として、屋上階に遮熱塗料を塗付する実証実験を行なっています。
駐車場オーナーからの、「屋上階は人気がなく、空き車室が多くみられる。直射日光が当たるため、非常に熱い。」 という声から、このような実証実験しています。

空き車室の有効活用(屋上階の路面温度低減)

実証実験(蓄光塗料による安全強化)

駐災害発生時や停電時でも安全に駐車場を利用できる対策として、蓄光塗料を用いた実証実験を行なっています。本施設では、階段の手すり・段鼻と一部の車室ラインに塗布し、手元・足元が光ることで、より安全に駐車場を利用できることが期待されます。

実証実験(蓄光塗料による安全強化)

オプション提案(外装パネル)

4種類の外装材を設置し、意匠・固定方法を比較のうえ、実際の意匠を選ぶ際の参考にしていただいています。比較展示として、IHI運搬機械標準の88ルーフ、オプションのアルミルーバー(縦)、アルミルーバー(横)、有孔折板を設置しています。

オプション提案(外装パネル)

その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。

サイトのご利用案内ここまでです。