ページの先頭です

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ジブクライミングクレーン

クレーン自体が昇降して建設現場に革命を起こしたジブクライミングクレーン。
当社はジブクライミングクレーンのパイオニアとして建設現場を支えています。

ジブクライミングクレーン

ジブクライミングクレーン

概要

当社のジブクライミングクレーンは超高層ビルの建築ではトップシェアを誇ります。
これは建設業界のニーズに対する迅速な対応、充実したアフターサービスなど、ビル建設のパートナーとしての高い評価を得た結果です。

特長

当社の最新ジブクライミングクレーン(Vシリーズ)はオールインバータ制御を採用しており、近年の多種多様な建築工法と工期短縮に対応できる21世紀型クレーンとなっています。
また集約型計器(液晶タッチパネルディスプレイ)やバックアップ回路(非常時セレクター回路)・衝突防止機能(三次元)の採用により、作業環境の大幅な向上を実現しています。

ジブクライミングクレーン

ジブクライミングクレーンの仕組み

一般的にビル建築用のクレーンのことを、その形から“タワークレーン”と呼んでいます。
当社では“ジブクライミングクレーン(JCC)”と呼んでいますが、これは、ジブ(Jib肘=腕)を持ち、ビル上の柱を昇る(Climbingする)クレーン(Crane)、という意味です。 タワークレーンの各部位をご紹介します。

ジブクライミングクレーンの仕組み

ジブクライミングクレーンの仕組み
ジブクライミングクレーンの仕組み

ジブクライミングクレーンが上る時

フロアクライミング

タワークレーンは建物の建築階が上に進むごとに、マストを使って少しづつ昇っていく仕組みになっています。

ジブクライミングクレーンが上る時

※実際とは異なる場合がございます。

クレーン本体がマストを継ぎ足して少しずつ上がっていくマストクライミング

マストクライミング

マンション建築には、建屋ビルの隣地にタワークレーンを設置する方法もあります。
この方式はビルの高さに合わせマストが必要になります。この方式を「マストクライミング方式」と言います。

クレーン本体がマストを継ぎ足して少しずつ上がっていくマストクライミング

タワークレーンが下りる時

複数のクレーンが設置されている場合は、それぞれが隣合ったクレーンを順次解体していきます。
そして最後の一台になったら、 人力で解体し、エレベータで地上に降ろしていきます。

タワークレーンが下りる時

※実際とは異なる場合がございます。

運搬システムに関するお問い合わせ・資料請求

カタログ送付/各種プランニング/システム機種選択/機種・レイアウト作成/御見積りなどお客さまのご相談にお応えします。お気軽にご相談下さい。

運搬システム・メンテナンスに関するお問合せ

運搬システム事業部 営業統括部 第1営業部
TEL:03-5550-5338
運搬システム事業部 営業統括部 第1営業部
TEL:03-5550-5338
運搬システム事業部 営業統括部 第1営業部
TEL:03-5550-5338
運搬システム事業部 営業統括部 第1営業部
TEL:03-5550-5338
運搬システム事業部 営業統括部 第2営業部
TEL:03-5550-5336
運搬システム事業部 営業統括部 第2営業部
TEL:03-5550-5336
運搬システム事業部 営業統括部 第2営業部
TEL:03-5550-5336
運搬システム事業部 営業統括部 第1営業部
TEL:03-5550-5338

製品以外に関するお問合せ

TEL:03-5550-5321(代表)

その他の製品

その他のコンテンツ

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。

サイトのご利用案内ここまでです。